上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同じ職場で働いている、発達障害の女の子のお母さん。
朝、出勤するとタイムカードの前で待っていた。

「ん?どうしたの」と聞くと
「昨日の夕方から娘が行方不明になっている」ということだった。

その女の子は児童入所施設から近くの支援学校高等部へ通っていた。
その日、友達と二人で「ちょっと散歩に行く」といって施設を抜け出した。
夜になっても帰って来ないため、警察へ捜索願を出し、施設の職員と
共に一晩中捜索していたらしい。

心配で眠れなかったのだろう、憔悴した表情から不安の大きさがが見て取れた。
「仕事どころじゃないから、早く帰ったほうがいいよ」と言って帰ってもらった。

寒空の下、一晩どこかで明かしたとなれば、女の子の健康状態も心配だった。

幸い、深夜になって一緒に施設を抜け出した友人の母親が連れて帰ってきて
大事には至らなかったようだ。

終わってみれば、「散歩に行く」と嘘をついて友達の家に泊まりに行った、という
ことなのだが、同僚の母親にしてみれば思いもよらない大事件だった。

「うちの子はおとなしいので、脱走するなんて考えたこともなかった・・」
「このまま、施設をやめて自宅にもどそうと考えている」

と言うのを聞いて、なんだか違和感を感じた。
年頃の子供がいれば、障害のあるなしに関らず、そういったリスクは
親はあらかじめ引き受けておくべきではなかろうか、と思ったのだ。

自宅に戻すのはいいとして、首輪でも付けて鎖で繋いでおくつもり?
と答え、自制を促がした。

結果は周囲の人に迷惑・心配をかける方向に出てしまったが
女の子にとっては、マイナスだけではないと思う。

あまり自主性のない女の子だった。自分から行動するということは
ほとんどなかったと聞く。

思いもよらない事件に動揺している気持ちは理解できるが
友達もいなかった娘が施設に入ったことで友達ができ、自分の意思で
友達と一緒に行動した。いや、冒険したのではなかろうか。

「自宅に縛り付ける前に、連絡すること、方法を教え、親のほうも
なにか打つ手はないか、たとえばGPSだとか・・を考えてみたら」
ということで落ち着いた。

我が家もこの春から同じような状況を迎えようとしている。
子供の障害の程度、普段の行動からすれば、我が家のほうがハイリスク
だと思う。
親の期待通りに子供が行動してくれるわけはないので、我が家も
相応の覚悟を持たなければならないと思った。


スポンサーサイト
昨年の秋から高校進学のことで、担任の先生と何度も話をした。

県内のめぼしい支援学校を見てまわって、迷いに迷っていたが、最後は父の独断で決めてしまった格好だ。

県内に2校だけ、ちょっとレベルの高い子向けの支援学校がある。
支援学校といえば小学校から高校まであるのが通常だと思っていたが、その2校は高校しかなくて
授業も結構高度なことをやっている。

障害の程度も重度の子はまったくいなくてB1とかB2くらいで、ほぼ普通に会話のできる子供たちばかり。
学習という観点から見れば、とても魅力的な学校だが、競争率もハンパない。

親の見栄なのか欲目なのか、そんな学校を最初は第一希望ということにしていた。
もしかして滑り込めるかも・・・なんて考えていたのだ。

とはいえ高望みということも分かっていたので他の支援学校も手当たり次第に見学に行った。

どこも作業学習が主で時間割や行事なども大差ないように思えたが、最後に見に行った学校が、他の学校よりも良く思えたので、YOO母には
「無理してレベルの高い学校に行かせても、本人が苦しむだけだ」
とかなんとか言って説得し、納得させた。

実のところ、対応してくれた先生が気に入った。という浅はかな理由なんだが。

その学校は県内の支援学校では一番生徒数の多い学校で、歴史も古く校舎も決して新しくはないが、他の学校よりも子供たちに笑顔があったように思えた。
我が家からは遠くて通えないので、近くの児童入所施設から通うことになる。
甘ったれで親離れできるかどうか不安だが、自立心をもってがんばってくれると信じる。

危険な賭けかもしれないが、YOOの可能性を広げることになることを願う。

jiheioyaji

昨日「血のウンコが出た!」と学校を早退してきたお兄ちゃん。さすがにショックだったらしくコタツにうずくまっていた。いつもこれくらい元気がなければいいのに・・とつい思ってしまった。
02-05 23:58

jiheioyaji

自閉症スペクトラム障害に対して、脳内分泌物質「オキシトシン」を鼻からスプレーすることで、苦手とする対人コミュニケーション障害が改善することを東京大学大学院の研究チームが実証したそうです。→ http://t.co/9ymjKbHcKp
02-02 22:07

STAP細胞とやらを発見した女性化学者が話題になってますが、他にも色々な分野で細胞の研究がされているんですね。こちらはダウン症の神経細胞形成に関わる遺伝子の発見だそうです。→ http://t.co/PvKARv6lb8
02-02 22:01

インフルエンザが流行っています。息子の通う小学校でも次々と学級閉鎖になってます。こわいですね。
02-02 01:10

jiheioyaji

長男が受験する支援学校(高等部)を選ぶのに5校くらい見てまわった。どこも内容的には変わらないけど、結局対応してくれた先生の笑顔で決めた。学校よりも先生だと思うから。
02-01 00:51

@kenji1761 こんばんは。その気持ち、よく分かります
02-01 00:40

今日は、急な飲み会でpm11時に帰宅した。我が家の自閉王子はもう寝てた。こんな早く寝るなんて珍しい、ゲームでもやりすぎたか?
02-01 00:35

jiheioyaji

自閉症の長男もいよいよ高校受験。支援学校といっても数が少ないので結構な倍率がある。無事合格しますように。
01-31 00:33

ツイッターはじめました。ブログよりも気楽に行こうと思います
01-31 00:22

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。