上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この春から地元の中学校に入学した。

養護学校か、地元中学の特別支援学級か悩んだあげく、本人の意思を尊重し地元の中学校に決めた。
親としては、綱渡りのような心境である。
YOO母とは「行けるとこまで行ってみよう」という話で落ち着いた。

相変わらず発声チックがおさまらず、時に大声を出したり、自分でコントロールすることも出来るみたいだが、よっぽどのエサがないと声はおさまらない。学校でみんなの授業のジャマにならないか心配する日々は続く。

先生に頼み込んで美術部に入れてもらったが、サボってばかり。最近は全く参加していないらしい。

とはいえ、学校には元気に登校してはいる。二泊三日の集団宿泊も無事に乗り切ってくれた。(本人の努力というよりも先生や周りの子のサポートが秀逸だったのだと思う)

これから、最もムズカシイと言われる「思春期」に入る。
ときに、ズボンがもっこりしていてギョッとする場面もあり、父として難しい局面に立たされている。

どうしたものか・・・何をどう教えれば良いのか。
ヤレヤレ困ったな。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。