上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早いもので、前回の記事をアップしてから3ヶ月も過ぎてしまった。

我が家の自閉症児は、最近(3週間ほど)絶好調である。
もちろん、良い意味で。

つい先月まで、ずーーーーーっと、チック全開+情緒不安定の真盛りだったが、あるときから急に落ち着きはらっている。
なぜか? よく分からない。

考えられる要因1
何ヶ月も鼻炎に悩まされていた。鼻のムズムズが我慢できなくて鼻を指先でいじり回すうちに切れて大きな傷になっていた。
医者に処方してもらった薬も市販の薬もまったく効かず、見るからに痛々しい状態だった。
あるとき、スペシャルオリンピックスで通っているスイミングクラブのオーナー婦人が(小さいときからYOOを知っている)
「うちの子も鼻炎持ちだったけどナタマメ茶で治ったよ」と教えてくれた。
さっそくドラッグストアへ行き、ナタマメ茶を買ってきて飲ませた。麦茶の替わりに飲み続けるうち1ヶ月もしない頃、鼻をいじらなくなり、やがて鼻の怪我がすっかり消えていた。

考えられる要因2
鼻の傷が治ったにもかかわらずチックによる発声は続いていた。成績表とご褒美による改善方法も効果がなく、お手上げだった。そんななか、薬を丸1日飲み忘れた日があり、そのときの様子がいつもより落ち着いて見えた。
その様子から「薬が負担になってるんじゃないか」と思い、3種類の薬のうち一種を止めてみた。
するとチックの声が激減し、それまで意欲を見せなかったお絵描きに積極的に取り組み始めた。学校でも「頭の回転が良くなった」との声も聞かれた。
しかし、その後少し落ち着きがなくなったので、止めていた薬を元の量の3分の2だけ服用させるようにした。


結局、今の好調さを3週間ほど維持している。
行った一連の薬の操作を医者に報告すると、「おそらくそれは要因として考えられる」との事だった。

現在、チックの発声はほとんどない。手や首を振る動作は時々出ているが、誰に迷惑を掛けるわけでもないので、あえて止めたりはしていない。
「この好調さは続くものなのか」と医者に問うたら「それはないです」とハッキリ告げられた。

今、我が家は月並の団欒を堪能している。
やがて、また嵐がやってくることが保証されているとはいえ、嵐の前のつかの間の平和は家庭に笑顔をもたらしてくれる。明日も平穏な一日でありますように・・と祈りながら。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。