上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
親の心配をよそに我が家のデブ憎は、超ご機嫌で一泊二日の修学旅行から帰ってきた。
「あー楽しかった」と荷物を放り投げる様は、いっぱしの旅行帰りの上級生だった。

カステラ1本(1斤?)と、お父さんお母さん、弟にキーホルダーをひとつづつ。
先生が促してくれたのか、ちゃんとお土産も買ってきた。

ホテルでウン○ができるのか心配だったが、案の定ずっと我慢して帰ってきたようだ。
それをこそ、クリアしてほしかったが、結局、次の課題として残ってしまった。

胃腸の弱い父にすれば、我慢できることが”スゴイ”とも思えるが、小学校卒業までには克服したい問題ではある。

それにしても、修学旅行に行ってこれたことは、よかった。
毎日様子を見ていても、なかなか気が付かないが、子供は成長していくもの。

この勢いを消さないために、何か次の目標を設定してやらないと・・・・
スポンサーサイト
月曜の朝。
いつもより1時間早起きして、意気揚々と元気よく家を後にした我が家のバカ息子。

ウキウキして夜も眠れないほど楽しみにしていた修学旅行への出発の朝は、昨日の大雨の余韻が残る、ややよどんだ雲行きの空だった。

思えば、ほんの2ヶ月前、大声で奇声を発し制御不能に陥っていた。
あの絶不調時期が、まるで遠い過去のように思えるほど、落ち着き払ってこの日を迎えることができて、どこか達成感にも似た安堵感を感じながら、「いってきまーす!」と走り去る姿を追った。

とはいえ、やはり心配である。
パニックを起こしたりしないか、誰かを叩いたりしないか、荷物をなくすんじゃないか、お腹壊すんじゃないか・・・・挙げればきりがないほど心配の種はつきない。

仕事も手に付かず、悪い知らせが来ないことを祈りつつ、何かしら手がかりになるような連絡を待つ・・・という複雑な心境。
お昼に食事風景を写したメールが来て、ホッと一息。


そんな、もやもやした気分のまま仕事を追え、帰宅すると


「・・・・・・・・・・」

「・・・」

静かだ。

「風呂、入ろ・・・」


・・・・・・


なんか、いつもより時間の経つのが遅いような・・・

やたらテレビの音がよく聞こえる。

・・・・・


デブが一人いない・・という現実。


さみしい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。