上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
父が仕事から帰宅すると、なにやら重い雰囲気。

「調子が悪いので迎えにきてください」・・と学校から連絡があり、母が迎えに行ったとの事。
風邪を引いてるせいで鼻がつまり、それに怒ってドアを蹴ったり叩いたり、大声を出したりしたらしい。

はあ~またか。

「YOOちゃん、お父さんは悲しいです」
「お友達は皆、YOOちゃんのことが嫌いになります」

「悲しくないよ!大騒ぎしません」
「騒ぎませーーーん!」

「・・・て、騒いだんだろ?」「お父さんは悲しいから今日はゲームしません」

「騒がないよ!騒ぎません!」

とまあ、いつものことではあるが、悲しい現実である。

鼻が詰まったくらいで、イチイチ周りに当り散らす。
よくしてくれているお友達にもお構いなしだ。

自閉症だから、仕方ない・・・・では地域に受け入れられない。
頑張ってくれよ、YOOちゃん。

(ただの愚痴です)
スポンサーサイト
遠足前夜 2008.03.11
小学校の”お別れ遠足?”が行われた。
まあ、なんとか行ってきた様子。YOOちゃんとしては満足だったろう。

夕べの大騒ぎは何だったのか。

昨日の遠足前夜
YOOちゃんは風邪を引いていた。すこしだけ熱もあった。
お腹の調子も悪かったようで、何度もトイレに行っていた。

母:「そんな調子じゃ、遠足いけないね」
YOO:「遠足いきまーーす!

父:「遠足行ってお腹痛くなったらどうするんだ? 公園のトイレでウンチしますか?」
YOO:「しません」

父:「じゃあ、遠足お休みだ」
YOO:「遠足行きマース!!ウンチしません!」
父:「お腹痛いんだろ? 明日もお腹痛くなるよ、公園でウンチしますか?」

YOO:「ウンチしませーん!遠足行きまーーーす」

ギャーーーーー!#$&*+!!

とまあ、こんな感じ。
YOOちゃんは自宅以外でウンチが出来ないので、なんとかヤル気を起こさせようとするが、失敗。

とにかくクリアしたい問題である。このままでは旅行にもいけない。
何か良い方法はないものか。

だれか教えてください。
先日、YOOちゃんが学校の遠足で使うリュックサックを母が買ってきていた。

ん?なんか大きいような・・・
それ、子供用か?

大人用だよ。同級生でこんなの使ってる子、見た事ないよ。

さっそくYOOちゃんに背負わせてみると、いたく気に入った様子。
さほど違和感も無い。

身長も体重も他の子より抜きん出ているため、小学3年生ではやくも大人用のリュックサックを使うようになってしまった。

はあ~、このままデカくなったらどうしよう・・・・

テレビで外国の超肥満児を扱った番組が流れていた。7歳で200キロだったそうな。
さすがに、あれほどのものではないが親の責任を痛感した。


前回、児童精神化の先生に聞いたところによると、スポーツの活動をとおして社会性が大きく向上した子供も多くいる・・との事。
もうすぐスイミングも再開することだし、春からは父も一緒に運動に力を入れなければならぬ。
まずは散歩から始めよう。

チック症の経過についてご報告。

薬を服用し始めてから、もうかれこれ1年数ヶ月になります。
症状自体は普段の生活ではすっかり治まっています。
時々ストレスがかかると少し声が出たり、瞬きが出たりしますが一晩寝ればおさまる程度になっています。

【チック症状の経緯】

”まばたき”を頻繁にするようになった。
     ↓
「ハイッハイッ」と声を出すようになった
     ↓
「ウホッウホッ」と声を出すようになった
     ↓
「キイーッ キイーッ!」と高い声を出す(薬を服用し始める)
     ↓
声にプラスして足をドンドン、腕をドンドン、ぴょんぴょん跳ねる
     ↓
高い声が治まってきた、足と手、ぴょんぴょんはそのまま
     ↓
声が「フンッ フンッ」に変わる。足と手、ぴょんぴょんはそのまま
     ↓
声とぴょんぴょんが治まる(跳ねる替わりに歩き回るようになった)
     ↓
足と手のドンドンだけになる。(床や机にドンドンと手や足を打ちつける)
     ↓
手のドンドンだけになる。
     ↓
現在、チックはおさまったが、怒りっぽくなった気がする。

とまあ、こういう経過をたどりました。一般的なのか特殊なのかは私にはわかりません。
YOOちゃん以外にチックの症状を見せる子供がいないので、誰かと比べようもありませんでした。

とにかく「キイーッッ!」と高い声を出してるときは辛かったですね。
50メートル離れていても聞こえてましたから。(四六時中、声が出ていた)
暴れている姿は動物園で騒いでいる猿と大差なく見えました。

家族中が疲弊してしまい集団ノイローゼのような状態で、
「もう、一緒に暮らすのはあきらめたほうが良いんじゃないか」
「もう限界だ、明日 福祉課に相談に行ってみよう」
などと、夫婦でよく話していたものでした。

チックが治まった今になって思うことは、症状の改善が薬によるものか、水泳やレクレーションなのか、本人の成長なのか・・・・よくわかりません。
後半は小学校での取り組みが大きな成果をあげたように思いますが、親としてはもう少し・・・・・?というところもあります。

最近になってまた、お絵かきを熱心にやるようになりました。
チックが出る以前に戻ったような気はしています。(といってもチックは繰り返すらしい)

ま、一区切りついた・・といったところでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。