上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
YOOちゃんがチックを発症して、もう1年が過ぎた。

ピークの時からすると現在の状態はそれほど騒ぎ立てするような状態ではないかも知れないが、あいかわらず鼻をフンフンさせたり、足をドンドンしたり、ジャンプしたりと、一向に治まる気配は見られない。

とくに足をドンドン踏みつけるのが厄介で、うるさくて昼寝もしていられない。

薬もずっと継続してはいるが、薬で簡単に治まるものではないらしい。


2、3日前から鼻ッ風邪を引いたらしく、しきりに鼻をすすり、その鼻の違和感にイライラして、更にチックを増幅させる。

市販している鼻炎の薬を飲ませて症状を抑えようとしたら、鼻の通りが良くなったからか、薬の成分の何かが効いたのか、足のドンドンが小さくなって来た。

児童精神科の医者にそう報告したところ、風邪薬などに含まれる抗ヒスタミン材というのが効いているんじゃないか・・との事。


ずっと飲んでいる安定剤に加えて風邪薬を併用することになった。

経過は・・・・・・・


すこぶる好調♪


でも、やたら眠いみたいだ。

機嫌もよく、風呂から上がるとサッサと布団に入って寝てしまうので、まさに「ひとつぶで二度おいしい」状態である。

このまま、チックが治まってくれれば、言う事なし。

そう、うまくは行かないだろうけど。

スポンサーサイト
死を伝える 2007.10.18
YOOちゃんをとても可愛がってくれていた義兄(YOO母の実兄)が亡くなった。

余命数ヶ月の宣告から、およそ1年に及ぶ闘病の末、最後まで職場への復帰を望みながら53歳という若さでこの世を去った。
残していく家族のことを想い、さぞや無念だったろう。

マラソンが趣味だった義兄は「ホノルルマラソンに出場してみたい」と夢を語ったことがあったという。
福祉施設の職員だった彼は、YOOちゃんの障害の事を打ち明けて以来、だれよりもYOOちゃんを可愛がってくれた。

「癇癪をおこすのは自分の意志をきちんと持っている証拠だ」と助言をしてくれた事もあったっけ。


いつものように学校に登校しようとする朝・・
電話をとった母の、ただならぬ様子に何かを感じたのか、

「おじちゃんが死んだんだって!」
「もう、お見舞いに行っても、おじちゃんには会えないんだよ」
と伝えると、一瞬険しい表情を見せた。

学校からの連絡帳には「おじちゃんが死んじゃった」「おじちゃんが死んじゃった」と何度も口にしていたと書かれていた。

その日の夕方、冷たくなったおじちゃんに会いに行った。

お通夜に訪れた人々が多くいる中で、誰に言われたわけでもないのにYOOちゃんは行儀よく正座し、表情の消えたおじちゃんと対面した。

人の死というものを、どう伝えれば良いのか分からず、「とにかく顔を見せよう。何となく感じてくれるかもしれない」と、僅か三日前に、病院にお見舞いに行ったおじちゃんの、変わり果てた姿に対面させたのだった。

どういった理解をしたのかは分からないが、もう大好きなおじちゃんには会えないことは、何となく分かった様子だ。


いつか、父が亡くなる時、YOOちゃんはどんな反応をするんだろう・・・などと考えたりしながら、悲しみの儀式を見守った。

水泳の上達 2007.10.15
あいかわらず週一のスイミングスクールに通っている。

はじめは顔を水に浸けることもできなかったYOOちゃんでしたが、最近では、上手に鼻から息を出しながら潜れるようになった。

潜水にちょっと自信をつけたYOOちゃん。
ビート板につかまって、顔を水に浸けて息継ぎをしながら10メートル近く泳げるようになった。

コーチに誉められる数が多くなったYOOちゃんは、すっかり調子に乗り、ふざける事も多くなったが、笑ってる表情に自信が芽生えてきた様子が見てとれる。

毎度のメニューを難なくこなすYOOちゃんをみていると、父も感慨深い気持ちになってくる。

「よくぞ、ここまで来たもんだ」
「浮き輪でチャプチャプが精一杯だったのに」
「あきらめずにつづけてよかった」

・・・と、しみじみ思ったりもする。

先日、このブログでも紹介している水泳療法の論文の著者からメールを頂いた。
あの論文は、彼女が大学院生の時に作成したものらしい。
現在は福祉関係のお仕事をされているとか・・・・・

水泳療法について、講師の依頼などあれば、全国飛んでくれると仰っているので、このブログを読んで講師を依頼したい方などありましたら、コメント欄に書いていただければ、連絡を致します。
(コメント記入後"secret"にチェックすることをお忘れなく。)


都会の方では水泳療法も盛んに行われているそうだけど、我が町も含めて、地方の田舎ではまだまだ・・・といった状況なのかな?

まあ、とにかく大好きなスイミングが続けていられる事に素直に感謝している次第である。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。