上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我々家族が住んでいる区で夏祭りが催され、YOOちゃんとYOO母は「行く」といって朝から張り切っていた。

ベビーカーを押して、家族4人で行ってみた。

東京や大阪のような大都会ではないので、区といっても、それほど多くの人がいるわけではないが(東京の町内会よりももっと小さい)結構にぎやかな人の声が聞こえていた。

人の多いところへ行って、YOOちゃんの反応が心配だったが、近所の広場ということもあり、とりあえず行ってみて、様子を見ることに。

ストラックアウトとか、バスケットのゴールだとか、どこかのテレビで見たようなゲームが子供むけに用意してあり、YOOちゃんも”やる気まんまん”だったので順番待ちの列に並ばせてみた。


・・・・・・ちゃんと並んで待ってる。

野球の投球に続いてバスケットのシュート・・・(惨敗)

サッカーのシュート・・・(まあまあ)

グランドゴルフ・・・・・・(意味が分からず、これまた惨敗)

でも、参加賞のお菓子をたくさんゲットしてきた。

「金魚すくい」ならぬスーパーボールすくい・・・・(無残)


なかなか楽しめたようだった。最後にお楽しみ抽選会。

YOOちゃんは勝手に”扇風機があたる”と決めていた。


・・・・・・・・・・

もちろんハズレ。


自閉症のYOOちゃんは予定を狂わされた(当たるわけないっての)

納得できないYOOちゃんは、半ベソで泣き出す始末。

連れて帰ろうか思案しているとき・・・・
末尾の数字があたり、よろこんで母と共に景品をもらいに走った。

ニコニコ顔で帰ってきたYOOちゃん。なにやら封筒を手にもっている。

「なんだそれ、もっとデカイのをもらってくればいいのに」

と言いながら開けてみると・・・・


近くの、えび料理専門店のお食事券だった。


「あ~あ、食いもせんのに・・・・トホホ」


とりあえず、何かもらったので落ち着いたようだったが、また扇風機を思い出して、泣きそうになるのを必死にこらえている。

その姿が不憫でならず、(父としては扇風機があたらなくてホッとしていた。無用の長物である)

「明日、海にでも行くか?」

で、機嫌が治って・・・やれやれな1日。

スポンサーサイト
夏休みで1日中、子供が家にいるのも困りもの・・・。

自閉症児となると、なおさら・・・・・・。

で、

デイサービスに行ってもらうことにした。

幼児の頃から行っていた園は、おもに就学前の幼児が対象なので(実は小学6年までいける)
小さい頃から一緒に通っていたお友達は、もうほとんど通ってこなくなった。
一緒に遊んでいたお友達は、別のところに行っているらしい。

なので、
YOOちゃんにも、そちらに行ってもらうことにした。

といっても、まったく初めての場所というわけではない。
そこはパン屋さんもやっていて(障害者が働いている)YOOちゃんも、よくパンを買いに行ってる。
所長さんとも知り合いだし、さほどの抵抗はないはず。

夏休み前にYOOちゃんに「行ってくれ!」とお願いした時には、あっさり拒否されたけれど・・・

YOO母がどんな交渉をしたかは定かではないが、♪お試し通園♪を承諾したようだった。

で、今日が初日。
お弁当を持って、笑顔で出かけていった。(お目当てはプール)

馴染めないようなら、直ぐに迎えに行くことになっていたが、すんなりと落ち着いて過ごせたようだった。

それもそのはず、幼児の頃からのお友達・・○○君や□□君、さらには小学校で一緒のK君、久しぶりに会ったS君もいて、それはそれは嬉しかった様子。

家に帰ってきてからは、久しぶりにお友達に会って嬉しかったことを話してくれた。
自閉症児は独りが好きだと、一般的には思われているとおもうけれど、

「やっぱり仲間といるのが楽しいんだなあ」と、あらためて思った。

そういえば、最近読んだ本にも書いてあったな。
         ↓↓
自閉症の僕が跳びはねる理由―会話のできない中学生がつづる内なる心 / 東田 直樹

YOOちゃんよりも遥かにレベルの高い(優秀な)自閉児が書いた本。(テレビで紹介されていた)
「何か参考になれば・・・・」と読んでみたのだった。

本のことは、さておき・・・・

やっぱり、自閉症児だって、仲間と一緒が良いんですよ。
いよいよ夏休み。
一日中、自閉症ボーイが家にいるのかと思うと「も~たまらん」というおかあさん方も多いことでしょうね。

朝・・・・・・・

「おはよう」のあいさつの後、「ボーリングに行く」と言いだした。
「え?・・そんな約束した憶えは・・????」
「おとうさんは、これからちょっとお仕事に行ってくるから」
と家を出た。

仕事ではなかったが用事を済ませて昼過ぎに帰宅すると、なにやら険悪なムード。
聞けば、父がボーリングの約束を反故にした・・と荒れていたとの事。

「ボーリング行きません(`Д´) 」
「日記に書くことがありませーん(T△T)」

と騒いでいたそうな。

空いてる時間を狙ってボーリング場へ行った。
YOOちゃんが、まともにボールを投げられるわけないので、”ガーター止め”をしてもらった。

YOOちゃんの投げ方は、助走もしないでボールを「丁寧に置く」ような投げ方。

なのに・・・なぜかボールを

ドシーン!!・・・・と落としてしまう。

YOOちゃんが

ドシーン!

とやるたびに、係員の人に怒られそうで冷や冷やものだった。

YOOちゃんのスコアは、ガーター止めを使って・・・・・75

まあまあかな?

それにしても、ガーター止めって便利。


家に帰ってさっそく絵日記を書いてました。

機嫌も良くなり、やれやれ。
チーズケーキ 2007.07.11
大雨が降っているなか、YOOちゃんの9回目の誕生日のケーキを買いに行った。

YOOちゃんの希望で25センチくらいのチーズケーキ。

父はイチゴたっぷりの、生クリームがどど~んと乗った、まあ普通のケーキがよかったけれど・・・


大喜びである。

そういえば、クリスマスに不二家のチーズケーキを買いに行ったら・・・・・・・closed
だったのを思い出した。

チーズは食わねえクセに、チーズケーキは大好きである。

9本のローソクを立て、写真を・・・・はい!チーズ

ん!まてよ。

「はい、チーズ」よりも「はい!チーズケーキ」のほうがGOODである。(どうでもよい)


壁に掛けたパネルには、ローソク1本の写真。

「あの頃はシアワセだったなあ~」なんて夫婦で言ってみる。

9本のローソクを吹き消すのは、あっという間だけれど・・・


YOOちゃんがお腹に宿った時、「生まれてくる子の為に」と購入したワゴン車も9本のローソクと共にお別れとなった。

泣いたり、笑ったり、ゲロしたり、オシッコしたり・・・パニックになったり・・・・・・・
9年間、故障もせず頑張ってくれた。本当にご苦労様でした。

YOOちゃんにもお許しをもらい、またワゴン車を買った。

「シルバーの車、サヨナラしました。新しい車は紺色です」

って、気に入ってくれたみたいだったが・・・・・・


さっそく、ゲロしやがった。
3日前に突然!!

「ひとりでお風呂はいります」と言って、ひとりで風呂にはいり始めた。

ずっと、父と二人で入っていたのに。
お風呂に入る前の歯磨きも、今までは・・

「ほら、アーーンしろ!」「うりゃ・・」てな具合に父が磨いてあげていた。
それが突然・・・・・自立心が芽生えたのか??

歯磨きも自分でやるようになった。

風呂で何かイタズラしようとでも思っているのか。

とにかく、父を追いやるので一人でやらせている。
しかし、手抜きするのが目に見えているので、時々風呂を覗いては・・・
「背中、洗ってないぞ」「シャンプーは少しです」とか説教臭いことをイチイチ言ってる。

かえって疲れる・・・・・。


父には熱くて入れないようなお湯でも平気な顔して入っているので、火傷するのが心配だ。
明日からはお湯の温度だけは父が確認するようにしよう。


それにしても、ひとりで風呂に入りたがる理由がよくわからない。

どうせなら、これを機会にもっと落ち着いてくれれば良いのだけれど・・・・・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。