上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
父の出張と病院の予約が重なったので、病院の予約日を変更してもらい、月曜日にYOOちゃんを連れて病院に行った。

昨年の後半からずっと6週毎に診断を受けに行っている。
この数回はYOOちゃんと父の2人で行っていたが、普段の様子の細かいところが良く分からないので、今回はYOO母も一緒に連れて行った。

体重測定=46キロ
また体重が増えている! ←(怒られた)

声も激しくなっている

新学期が始まって、新しい環境について行けてないのは明らか。
かなり無理をしている・・との事。


1)宿題や学習 と 本人が十分に出来る自立課題とを組み合わせて行わせ、落ち着かせるように。

2)学校でYOOちゃんのスペースを確保してもらいなさい

・・・と指導があった。

YOOちゃんが即興で書いた絵を、先生が「くれ」というので差し上げてきた。

やはり母親がいると、細かい様子も説明する事ができ、いろいろと内容の濃い話をすることができて良かった。


自立課題をたくさんやらせて、落ち着かせる・・・・・

やはりこれが、自閉症的リラックス法なのだろう。


スポンサーサイト
5ヶ月ぶりにスペシャルオリンピックスのスイミング講習が再開された。
風邪気味で気の進まない父を尻目にYOOちゃんはやる気満々で張り切っていました。
前回覚えたことをきれいサッパリ忘れていたので、また最初からやり直し。(せっかく「ビート板でバタ足」までいってたのに)
ボランティアの男子高校生がうまくリードしてくれて、久しぶりな割には上手に出来ました。

5ヶ月前に穿いていた水着は、YOOちゃんのはちきれんばかりのお腹の肉に耐えられず、すぐにずり落ちてくるのでイチイチ上げてやらなければならず、ボランティアのお兄ちゃんもゲラゲラ笑いながら水着を引っ張り上げてくれていました。

ひとつ面白いことに気が付きました。それは、なぜか保護者全員がお父さんでした。
「スイミングはお父さんと」という暗黙の了解でもあるのか、不思議なことに母親の参加はなかったんです。(どうしてでしょうね?)

終始笑顔で、あっという間の1時間。

今回の目標は3キロ減量。
また口内炎 2007.04.11
最近調子が悪く、キーキー声を出したり、大きな声でフンッフンッ言ったりして全く落ち着きのない日が続いていました。

ある朝、顔が腫れている?

奥歯のあたりを気にしている様子だったので見てみると歯ぐきが赤くなっていました。
さっそく掛かりつけの歯医者さんへ・・・
奥歯が生え変わろうとしているが乳歯が頑丈過ぎるので痛みが大きいのだろう、あまり気にして腫れたほっぺを噛んで口内炎にならなければ良いが・・・・・・。

その2日後には案の定、口内炎を起こしてしまいました。

はぁ~、またか。
毎度毎度、同じ事を・・・・(ちっとは学習せんかい!ボケ!!)
つい怒鳴ってしまった。以前はわざわざマウスピースをあつらえてもらったにもかかわらず使ってくれないので最後にはガーゼをくわえさせて直しました。
今度は口の奥なので、どうしたものか・・と考えた挙句

脱脂綿に薬を塗り、口の奥に突っ込んでくわえさせるようにしました。
効果てきめん。一週間で治った。

それでもまだ、歯の生え替わりで歯茎は腫れたままなので痛みは続いているようだが少し落ち着いた様子。

新学期になって、よくYOOの世話をやいてくれていた女の子も違うクラスになり(父にはこれが一番ショックだった)大変な新学期スタートだというのに・・・

がんばれYOOちゃん、もっと大きなストレスが大口を開けて待っている。
命の価値 2007.04.07
新年度を迎えて、新しい担任の先生(交流学級)との「初顔合わせ」でした。
「こういった子供は初めて」との事。

どうなることやら・・・。

特殊学級の新入生もたくさん入学してくるようで、YOOちゃんにとっては、大変な1年になりそうです。



ニュースの多い1日でした。(松坂投手 バンザイ!)

熊本市の慈恵病院の「赤ちゃんポスト」が正式に許可されました。
「命を救うための緊急措置」との声と、「捨て子の奨励につながる」との意見が別れているようですが
”子供の命を大切にする”といった点では両者同じで、理解はできますね。

ところが、このニュース。
     ↓
北海道苫小牧市で4歳と1歳の男児2人を1ヶ月置き去り。生き延びた長男は生ゴミや生の米、冷蔵庫内のケチャップやマヨネーズを食べて命をつないでいた・・・・。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070406-00000315-yom-soci

母親に置き去りにされ、必死に食べ物を探して・・・・・(絶句)


悲しすぎます。


この2つのニュースが同じ日に配信されているのが虚しいですね。


自閉症の子供を必死に育てている親もいれば、子供を置き去りにして遊んでいる親。


ためいき ばかり。
久しぶりの更新です。

さくらが満開になっています。さくらは良いですね、街が柔らかい彩りに包まれている感じがします。

さて、さくらと言えば入学式。

毎年この季節になると新1年生やら新社会人やらで初々しいばかりです。

この、さわやかな季節に我がYOOちゃんは・・・・

絶不調です

風邪はひくわ、奥歯が生え変わろうとしていて顔が腫れるわ・・
しきりに奥歯の噛み合わせを気にしてイライラするのか
激しいチックの声・・・

もう~たまらん。(薬は全然効きゃーしない)

こんな様子で新学期を迎えるのかと思うと、正直めげます。

YOOちゃんを連れて飛騨の山奥にでも篭りたいくらい。

2,3日前に、テレビで自閉症児を持った親の苦悩・・といった番組をやってましたね。

番組の感想はさておき・・・

ほんと、自閉症児を育てるのはつらいのよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。