上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
良くも悪くも 2006.11.13
YOOちゃんは自宅以外で、ウン○が出来ません。

自宅でするときも、ドアは開けたまま。おまけに下半身スッポンポンじゃないと出来ません。

そうなると外出できる範囲も限られてくる。保育園の頃は保育園でも旅行先のホテルででもウン○が出来たので、よく家族で旅行もしていました。

今の状況では日帰り旅行はおろか、遠出もできません。

いつまでも、こんな事では困るので、エサをちらつかせ、何とか外でウン○ができるように説得を試みるのですが一向に上手く行きませんでした。

大好きなおもちゃを買ってやる とか SLを見に連れて行ってやる とか 新幹線に乗せてやる とか、おいしいエサを提供しているのに、のってこない。

なかば諦めていました。

ところが、日曜日の朝 突然、外でウン○するから車で2時間ちょっと走ったところにあるホームセンターに連れて行けと言う。

ホームセンターは近所に数件ありはするが、以前ドライブついでに良く行ってたお店に連れて行けとの要望。

半信半疑ながら、おにぎり持って出かけました。

お店に着くやいなや、「僕は ウン○します」と言って父の手を引いてトイレに直行するではありませんか。

その店のトイレには和式と洋式の大便器がひとつづつあり、しばらく考えていましたが、意を決したように和式トイレに入ったのでした。(扉も閉めた)

「お父さんは、ココ」と言って外で待つよう指示。

1分くらいして出てきました。「ダメです。」と、ズボンを脱ぐ・・・下半身スッポンポンで、再度 挑戦。
ドアも開けたまま、座り込んだ。

「YOOちゃん、鍵はしなくていいから戸は閉めようね」と外側からドアを押さえてやりました。


「・・・・・・・・」


「出た?」


「・・・・・・・・・」


トイレットペーパーを出してる音がする。


「YOOちゃん、出た?」

「出た」「ちっちゃなウン○、でました」

見ると、ころん とひとつ出てました。

「やったね!YOOちゃん」「頑張ったね」

「うん」と誇らしげ なYOOちゃんでした。

「次は、ドアを閉めて してみようね」

「うん」

一歩前進。
スポンサーサイト
YOOちゃんのトイレットペーパーの使い方は凄まじいです。

我が家のトイレットペーパーは三日で1ロールがなくなります。

犯人はもちろんYOOちゃんです。

カラカラ引っ張り出すのが面白いのでしょう、1回に2メートル以上使ってました。

もちろん以前からの事で、使う量をセーブさせようと試みたのですが、一向に改善しませんでした。

趣味? お楽しみ?

・・・・・・・・・・退屈だから? 回るものが好き?

良い手はないものかと様子を見てみると・・・・・・・・・・

手のひらにぐるぐる巻きつけて遊んで、それを手からスポッ・・と外してお尻を拭いていました。


手のひらに巻きつける回数を決めれば・・・・・と思い

「YOOちゃん! 3回巻きなさい。3回だよ、3回」

その時は笑うだけで言う事を聞きませんでした。


・・・・それから・・・・・・・・・・

私もすっかり忘れていたので、気にもしてませんでした。

ところが・・・・・・・

最近、トイレットペーパーの減るのが遅い。気のせいか?

いや、やっぱり遅い。全然減ってない。

まさか!

・・・・・・・・・・・・・・・・・

YOOちゃんは憶えていてくれたのです。

きっちり3回、手のひらに巻いて使ってました。


ん~~~~やるな、YOOちゃん。

明日、ご褒美に”雪見だいふく”買ってきてやるからな。

初めてYOOちゃんがトイレでウンチしたのは何時だったか・・・

よく憶えていません。・・・・・ガクッ

以前にも書きましたが、オシッコはトイレで、ウンチはオムツにしていました。

いきなりトイレは無理だろうと水色のアヒルさん(ただのオマルです)に座らせるのですが・・・・

それが・・・・

甚くお気に入りで・・・

アヒルさんに座るとケタケタ笑い出し・・・・・・・大ウケです。

ケタケタ笑うばっかりで・・・・・

屁の1つも出やしない。

ウンチしたいはずなのに・・・・・・・・・・・・・笑うばかり。

ブチ切れた母親は

いいかげんにしなさい!」・・・とトイレに座らせました。

ココでしなさい!
もうアヒルさんは捨ててやる!


ウーンしなさい! ほら ウーン」


・・・・・・・・・

う~~~ん

・・・・・・・・・・・・・

出た」


一度できてしまえば・・・後は簡単♪

それからはトイレでするようになりました。



FC2 Blog Ranking
YOOちゃんがオシッコをしているとトイレの壁を大きなクモがゆっくり降りてきました。

焦ったYOOちゃんは

おとうさん!おとうさん!

クモ、クモ、クモ!」(泣


「なんだ?どれ、どれ」とトイレのドアを開け、クモを追い払おうと傍に置いてあったホウキで突付くと・・

サササ・・・とクモがこちらに寄って来ました

慌てたYOOちゃんは振り向いてトイレから出ようとします

チンチン出したまま反転し父の方を向く


わわ! ワー、汚ねー

こっち向くな、コラ!


%&☆#・・・・・・・!?


クモは撃退しましたが床はオシッコでビチョビチョ

父のズボンと靴にも引っ掛けられて・・・・


怖かったんでしょう、それ以来 イザという時の逃げ道を確保する為トイレのドアを閉めなくなりました。

田舎ですから・・・・・・・・・・

クモなんて、いくらでもいます。(デカイやつ)

”トイレのドアを閉める作戦”は失敗に終わりました。

また 一からやり直し。


ん? 

記事のタイトルと内容が全然違うような・・・・・

まあ いいか。


自閉症的ウンチの方法・・・と言えば

あまり全裸で・・とは聞きませんが、下半身スッポンポン・・・と言うのは良く聞きます。

YOOちゃんもそうです。

もう1つ、ドアを閉めない。


YOOちゃんはオシッコをトイレで出来るようになってもウンチはパンツ型のオムツにしていました。

保育園の年長さんの頃にはトイレでウンチするようになりましたが、以来下半身スッポンポンで現在に至っています。

おしりを拭くのは自分で出来ます。

自宅では一人でトイレに行けるのに、自宅以外では一人でトイレに行けません。

行き慣れたおばあちゃん家でも一人で行けず、トイレの前で親が待ってなければならないのです。

「ウンチします」・・・・・ 親の手を引っ張る

「お父さん(orお母さん)、ココ」・・・・ 指差してそこで待つよう指示。

途中で・・「おとうさん!」・・・・居る事を確認する。

「はーい、おとうさん、ココにいるよ~」・・返事をしないと怒る。

・・とこんな感じです。

オシッコもウンチも。。。いちいち付き合わされます。

・・・・・・・・・・

あ~~、めんどくさい(涙


せめて、ドアを閉めさせようと、全開だったドアを少しづつ、少しづつ閉めて行き・・・・

やっと閉めるようになって、半月ぐらい経った頃・・・・・


ある出来事がYOOちゃんを襲ったのです。



FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。