上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同じ職場で働いている、発達障害の女の子のお母さん。
朝、出勤するとタイムカードの前で待っていた。

「ん?どうしたの」と聞くと
「昨日の夕方から娘が行方不明になっている」ということだった。

その女の子は児童入所施設から近くの支援学校高等部へ通っていた。
その日、友達と二人で「ちょっと散歩に行く」といって施設を抜け出した。
夜になっても帰って来ないため、警察へ捜索願を出し、施設の職員と
共に一晩中捜索していたらしい。

心配で眠れなかったのだろう、憔悴した表情から不安の大きさがが見て取れた。
「仕事どころじゃないから、早く帰ったほうがいいよ」と言って帰ってもらった。

寒空の下、一晩どこかで明かしたとなれば、女の子の健康状態も心配だった。

幸い、深夜になって一緒に施設を抜け出した友人の母親が連れて帰ってきて
大事には至らなかったようだ。

終わってみれば、「散歩に行く」と嘘をついて友達の家に泊まりに行った、という
ことなのだが、同僚の母親にしてみれば思いもよらない大事件だった。

「うちの子はおとなしいので、脱走するなんて考えたこともなかった・・」
「このまま、施設をやめて自宅にもどそうと考えている」

と言うのを聞いて、なんだか違和感を感じた。
年頃の子供がいれば、障害のあるなしに関らず、そういったリスクは
親はあらかじめ引き受けておくべきではなかろうか、と思ったのだ。

自宅に戻すのはいいとして、首輪でも付けて鎖で繋いでおくつもり?
と答え、自制を促がした。

結果は周囲の人に迷惑・心配をかける方向に出てしまったが
女の子にとっては、マイナスだけではないと思う。

あまり自主性のない女の子だった。自分から行動するということは
ほとんどなかったと聞く。

思いもよらない事件に動揺している気持ちは理解できるが
友達もいなかった娘が施設に入ったことで友達ができ、自分の意思で
友達と一緒に行動した。いや、冒険したのではなかろうか。

「自宅に縛り付ける前に、連絡すること、方法を教え、親のほうも
なにか打つ手はないか、たとえばGPSだとか・・を考えてみたら」
ということで落ち着いた。

我が家もこの春から同じような状況を迎えようとしている。
子供の障害の程度、普段の行動からすれば、我が家のほうがハイリスク
だと思う。
親の期待通りに子供が行動してくれるわけはないので、我が家も
相応の覚悟を持たなければならないと思った。


スポンサーサイト
自閉症児の様子でよく見聞きするのが「絵を書くのが上手で、ずっと絵を描いてる」「ずっとピアノを弾いてる」
「好きなアニメをずっと見てる」でしょうか。テレビの特集とかでも時折見ることがあります。

見るたび「うらやましいなあ~」と正直思います。
そんなお利巧さんでない我が家の王様は、特に趣味もないし運動も嫌いで、何をやってもすぐに飽きてしまい・・。

そこで、1年位前にnintendoのDSというゲーム機を与えてみました。
するとすっかり気に入って、スーパーマリオシリーズのゲームで遊んでいましたが、そのうち新しく3DSなるものが発売され、現在はそれにハマッています。
ところが、最近になってSONYのPLAY STATION-3が欲しいと言い出した。

じつは3DSを買う前に、なぜかソニーのPSPを欲しがり誕生日のプレゼントに買ってやったところ、すぐに飽きて3DSを買わされるハメになったのです。(もちろんPSPは中古で売りました)

その苦い経験があったので、
「もうゲーム機は買ってやらない、1台だけの約束だっただろ!」
「どうしても欲しいのなら、自分で働いて買え!」

ということで、YOOが自分で働いてゲーム機を買えるように「家のお手伝いをしたらポイントをやる」
「1ポイント1円でお小遣いをやるから、ポイントをためてゲーム機を買え!」ということにしました。
seiseki.jpg
ポイント表というのをつくり、何をやったら何ポイントかを明示し本人に記入させることでモチベーションの継続を図る作戦。一週間に600ポイントくらい溜まる計算です。
学校の先生にも協力してもらい、学校の生活の様子もポイントに反映するようにしました。

半信半疑ではじめてみましたが、これがハマッた。やる気マンマンです。(ホントはあきらめてくれると思っていた)
今すぐ欲しい彼は、すぐ手に入らない苛立ちから、騒いだり暴れたり弟や母にあたったり・・・
それでも頑として譲らない親の態度に観念したのか、毎日ポイント表をチェックしながらお手伝いに励んでくれるようになりました。

母曰く「すぐポイント、ポイントと言い、お金に汚い成金みたいだ」そうな。
「それを利用して家事を手伝わせてラクをしてるのも事実だろ」と父。

とにかく本人は、がんばってやっています。恐ろしいほどの態度の変化でした。
父としては、飽きっぽいYOOにコツコツ努力することの大事さ、大変さ。そして、それを超えて目的を得られたときの達成感を味わって欲しいのです。この経験が彼を成長させることを信じて。

太りすぎのYOOは、ついに体重が80キロを超えてしまったので、昨日からウォーキングもポイントに加算するようにしました。目標の誕生日まであと5ヶ月、いくら溜まってることやら・・・。

早いもので、前回の記事をアップしてから3ヶ月も過ぎてしまった。

我が家の自閉症児は、最近(3週間ほど)絶好調である。
もちろん、良い意味で。

つい先月まで、ずーーーーーっと、チック全開+情緒不安定の真盛りだったが、あるときから急に落ち着きはらっている。
なぜか? よく分からない。

考えられる要因1
何ヶ月も鼻炎に悩まされていた。鼻のムズムズが我慢できなくて鼻を指先でいじり回すうちに切れて大きな傷になっていた。
医者に処方してもらった薬も市販の薬もまったく効かず、見るからに痛々しい状態だった。
あるとき、スペシャルオリンピックスで通っているスイミングクラブのオーナー婦人が(小さいときからYOOを知っている)
「うちの子も鼻炎持ちだったけどナタマメ茶で治ったよ」と教えてくれた。
さっそくドラッグストアへ行き、ナタマメ茶を買ってきて飲ませた。麦茶の替わりに飲み続けるうち1ヶ月もしない頃、鼻をいじらなくなり、やがて鼻の怪我がすっかり消えていた。

考えられる要因2
鼻の傷が治ったにもかかわらずチックによる発声は続いていた。成績表とご褒美による改善方法も効果がなく、お手上げだった。そんななか、薬を丸1日飲み忘れた日があり、そのときの様子がいつもより落ち着いて見えた。
その様子から「薬が負担になってるんじゃないか」と思い、3種類の薬のうち一種を止めてみた。
するとチックの声が激減し、それまで意欲を見せなかったお絵描きに積極的に取り組み始めた。学校でも「頭の回転が良くなった」との声も聞かれた。
しかし、その後少し落ち着きがなくなったので、止めていた薬を元の量の3分の2だけ服用させるようにした。


結局、今の好調さを3週間ほど維持している。
行った一連の薬の操作を医者に報告すると、「おそらくそれは要因として考えられる」との事だった。

現在、チックの発声はほとんどない。手や首を振る動作は時々出ているが、誰に迷惑を掛けるわけでもないので、あえて止めたりはしていない。
「この好調さは続くものなのか」と医者に問うたら「それはないです」とハッキリ告げられた。

今、我が家は月並の団欒を堪能している。
やがて、また嵐がやってくることが保証されているとはいえ、嵐の前のつかの間の平和は家庭に笑顔をもたらしてくれる。明日も平穏な一日でありますように・・と祈りながら。

YOOがインフルエンザと診断されて一週間あまり。

完全復活していて・・・・元気すぎるほど元気である。

新型インフルエンザの話題が毎日のようにメディアで流れ、世間の最大関心事となってますね。
すでにそれが原因で?亡くなった方も数人いるようで、油断ならない事態である。
国の首都から遠く離れたこの地でも例外ではなく、あちこちで学級閉鎖が相次いでいます。

今回、YOOはインフルエンザと診断されましたが、新型かどうかは厳密にはよく分からないそうです。
都会の大きな病院と違って、正確に検査できるキットがないのかな?

おそらく新型だろうとの判断でしたが、幸いYOO以外の家族には感染しませんでした。
我が家も喘息持ちの弟くんがいるので、恐怖におののいていたんですよ。
そこで今回は家族への感染を阻止するため、いろいろとやりました。

1)インフルエンザ君の寝ている部屋には父以外はできるだけ入らない。
2)インフルエンザ君には寝るときもマスクをつけてもらいました。
3)インフルエンザ君の脱いだ服はビニールに入れ、洗濯も家族とは別にする。
4)アルコール消毒スプレーを数個買ってきて、インフルエンザ君に触ったらすぐに消毒をする。
5)インフルエンザ君が触ったもの(ドアノブ、椅子など)は、すぐ消毒。
6)トイレや顔を洗うときはタオルを使わず、ペーパータオルを使い捨て使用する。
7)”置いとくだけで除菌”なる消臭ボトルみたいなやつを各部屋に設置。

これくらいでしょうか。
とにかく手洗いとアルコール消毒は1日に数え切れないくらい、やりました。

その甲斐あってか?なんとか家族への感染は阻止できました。
おまけに弟君は新型インフルエンザワクチンも優先摂取が受けられたので、ひとまず安心です。

それにしても・・・・
「家族にインフルエンザがいる」ということは非常にプレッシャーです。
学校の父兄にはすぐにバレてしまうので、「顔を合わせるのが怖くてスーパーにも行けない」と、
YOO母が嘆いていました。

しかし、さすがにインフルエンザにかかると自閉症児もグッタリと静かになり、その分家族は不思議な平穏があったのも事実です。(本人には悪いけど・・・)
一週間、食事もほとんど摂れなかったので、ちょっと痩せた(笑)。
反抗期か? 2009.10.15
久しぶりの更新です。

最近のYOOは、とりわけ感情の起伏が激しく手が付けられない場面が多くなった。
母親の小言に対しても、以前なら軽く聞き流していたようなことで激しく怒り大声をあげる。

父の前では、さほど激しい姿は見せないが父が出かけた後にいきなり大声を出したりするらしい。

夏休み中は機嫌もよく落ち着いて生活できていた。
2学期が始まり運動会が近づくにつれキーッキーッと高い声を出したり、歯ぎしりをしてみたり、鼻でフンッフンッするチックが出てきて、とにかくうるさいので父も母も弟も半ばノイローゼのような状態だった。

安定剤を飲んではいるが、効き目も乏しく一向に好転しない中で運動会を迎えた。
さすがに運動会を欠席させようとしたが、本人が納得しないので(楽しみにしていたらしい)キーッキーッと、サルみたいな声を連発する息子にいたたまれない思いを抱きながらも運動会には出席させたのだった。(キーキー声は連発していたが、やることはちゃんとやっていた)

「反抗期なんだろうか?」
「以前にも増して我慢ができなくなってる」
「機嫌が悪くないときでもチックがひどい」

というような、やり取りを夫婦でしているうち、

「一度どこかに預けてプロの手に委ねてみたい」・・と思った。


運動会が終わった後日、病院へ行き薬をちょっと変えてもらったあたりからキーキー声は殆んど出なくなり落ち着いて来たので、やれやれと一安心だが、感情の起伏が激しいのは相変わらずだ。

もう来年は6年生。
その後の中学校となると、専門家の手に委ねてみることも考えなければならないか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。