上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
YOOが家を出ていって一週間が経ち、我が家は経験したこともないような静けさに包まれている。


まだ、親子共々新しい生活に馴染めないでいるが、これまでのところYOOのほうは特に問題もなく
過ごせているようだ。


自閉症児の育児の中で、「この子さえ居なければ・・」
と思うことは多いだろう。

健常児のすさまじいほどの能力の高さを見るにつけわが身、わが子を呪ったりもする。
「もうたくさん」と言うほど惨めな思いもする。


「自閉症児の居ない生活がしたい」「普通の生活がしてみたい」と思うのが人情だと思う
それはもう、切ないほど、心の底からの願望である。

小学校低学年のころ

YOOは人間の声とは思えないような奇声を発するようになった。

そのあまりの非人間的な声と、まるで汚いものでも見るかのような周囲の視線に耐えかねて
何度も施設に入所させることを考えた。

そう、親であることから逃げる手段を模索した。

しかし、できなかった。
時折見せる子供の愛らしさを親として信じてしまうからだ
そして何より自分には他に愛情を向ける対象がなかった。

今回、自宅から遠く離れた高校に進学させたのは、
「自立心を育てたい」
「友達を増やしてあげたい」
「自宅のある地域では高校卒業後の自立、就労の可能性がない」

との理由からだが、「家から出したい」「この子と離れたい」
との思惑がなかったと言えば、嘘になる。

だから今回の高校進学にあたっては地元の学校という選択肢ははじめからなかった。
いわば本人の意思を無視して親の勝手できめたと言っても過言ではない。

その目論見は達成され、YOOは自宅から遠く離れた児童施設から高校に通うことになった。

それは、ずっとあこがれた
「自閉症のいない生活」「静かで穏やかな普通の暮らし」を我が家にもたらした。


安堵感に包まれるはずだった。
自閉症児の居ない生活は穏やかで心地よいはずだった。

ところが実際はどうだ


寂しい。


いつも車の助手席に座っていた。
父が帰宅すると「おかえり~」と声をかけてくれた。
お気に入りの椅子に座り絵を描いていた。
食事の時にはお皿や箸を用意してくれた。
「お父さん」「お父さん」て、うるさく話しかけてきた。


王様がいない。

それはもう、恐ろしいほどの寂しさ。

子供の巣立ちというものが、こんなにも寂しいものだと始めて知った。
こんなにも、切ないものだったのだ。

そしてそれは、自分が切望していた「普通の親」の姿に他ならなかった。

我が家の自閉症児は、今までの暮らしが特殊な子育てではなく、
普通の子育てだったということを身をもって教えてくれたのだった。


「親は寂しさに耐えるもの」というのを教えてくれた我が愛息に感謝しながら、
親の身勝手の代償として、ひたすら寂しさに耐えることを受け入れなければならない。
スポンサーサイト
2008年の年が明けて、もう2009年である。
昨年の暮れは大変だった。現在も続いている事柄ではあるが、世間を騒がせた「派遣切り」。

11月始め頃、中間管理職である私は『派遣切り』を宣告する立場として、まさにその渦中にあった。
「ある日突然、仕事が激減した・・」という状況の中で、経営判断としては致し方のないことだったと理解はしている。
「ポイ捨て」でなく、それまでの貢献に報いて一定期間の保証をつけてくれた経営者には、むしろ感謝さえする次第であるが、なんともやりきれない感情は残った。

一人一人呼び出して、「解雇」を通告する・・・・・涙を見せる者、覚悟をしていたらしく気丈に振舞う者、思考が止まったように固まってしまう者、はかり知れない感情の揺れを感じずにはいられなかった。

数百人が働いている会社の僅か20人余りの小さな職場。たった1週間の間に3分の2の仲間が居なくなり、それから間もなく他の職場でも次々と「派遣」や「契約社員」といった非正規雇用の者達が泣く泣く職場を後にしていった。

20年近く勤めてきた中で、こんな辛いことは初めてだった。
クビを宣告した者たちの顔が脳裏を離れず、クリスマスや毎年恒例の忘年会も全く楽しめなかった。
年末年始の休暇の間も、何処かに出かける気にもなれず、子供に振り回されながら無気力に過ごしてしまった。

明けて2009年。
世の中は厳しさを増していく一方であろう。
これからの1年、少しでも良いことがありますように。
風邪大流行 2008.01.19
どうやら風邪もインフルエンザも大流行しているようである。
父の勤める会社でも、学校でも猛威を振るっている。

YOOちゃんが熱で寝込んでから今日でまる一週間がすぎた。
熱は下がったものの、下痢と嘔吐が微妙に続き、食事も思うようにとれないでいたが、やっと、おやつと普段の半分程度のご飯も食べられるようになってきた。

病院に行くまでは元気がなく、どんよりしていたYOOちゃんだったが、病院で診てもらい、熱が下がっていたこともあって注射しなくて良い事がわかると急に元気になった。

いかにも定番の病人だった悲壮な姿は、病院に連れて行かれて注射されることへの恐怖心だったのだ。

「・・・・・・・・・・・・」

「どうりで熱は下がったのに元気がないと思った・・」

しかし、本人の意思と体はうまくマッチングしていなかったらしく、食べてはトイレに駆け込み、また吐いたりして結局一週間も寝て過ごした。

それにしても、よく風邪を引く。
家にはYOOちゃん用の風邪薬がたくさんあって、そのおこぼれを父がもらって飲んでいる。

来週からは学校に行くと本人は張り切ってはいるが、学校でまた、さらに強力なウイルスをもらってくるんじゃなかろうか。

冬はまだまだ続く
”子供は風の子”というのは昔の話。
現代は”子供は風邪の基”である。

用心しましょう。
木曜日から静岡に出張で、今朝(土曜日)8時発の飛行機に乗り、正午頃帰宅した。
朝、5時起きだったので昨夜のアルコールが抜けきれず、飛行機の離着陸の時は吐きそうになった。

ビールをジョッキで3杯とチューハイを1杯飲んだ程度だが、アルコールに弱い自分にはもはや限界で、その後に行ったスナックではウーロン茶を飲んで持ちこたえていた。

それにしても、5年ぶりのスナックだった。(スナック菓子ではありません)
「飲みに行く」というと、たいてい居酒屋⇒スナック⇒ラーメン屋がサラリーマンの王道パターンだが、酒に弱いYOO父は大抵1件目の居酒屋でダウンしてしまうのでスナックには数えるほどしか行ったことがない。

第一、スナックというところが嫌いだ。ホステスさんとのおしゃべりが苦手だし、カラオケはうるさいし・・・
連れの男どもが楽しそうにはしゃいでいるのが不思議でしょうがない。

何がそんなに楽しいんだろう・・・???って素朴な疑問を感じる。
口には出さないが、苦痛である。(居酒屋は好きです)

他人に言うと変人呼ばわりされ、阻害されるので、そのことは言えないが、世の男性の中には同じような気持ちでいる同志もきっといるはず・・・(お目にかかったことはない)

ホテルに帰ってからも、しんどくて明け方までトイレで吐いたりしてた。(サラリーマンはつらいのよ)

始発の飛行機に乗ったのはYOOちゃんのスイミングに間に合わせる為だった。
楽しみにしてるし・・・運動不足だし・・・・
その甲斐あってか、今日のYOOちゃんは調子も良くて先週まで出来なかった「息継ぎしながらビート板を使って泳ぐ」ことが出来た。

無理して出席してよかった。


くだらん記事ですいませんm(_ _)m
命の価値 2007.04.07
新年度を迎えて、新しい担任の先生(交流学級)との「初顔合わせ」でした。
「こういった子供は初めて」との事。

どうなることやら・・・。

特殊学級の新入生もたくさん入学してくるようで、YOOちゃんにとっては、大変な1年になりそうです。



ニュースの多い1日でした。(松坂投手 バンザイ!)

熊本市の慈恵病院の「赤ちゃんポスト」が正式に許可されました。
「命を救うための緊急措置」との声と、「捨て子の奨励につながる」との意見が別れているようですが
”子供の命を大切にする”といった点では両者同じで、理解はできますね。

ところが、このニュース。
     ↓
北海道苫小牧市で4歳と1歳の男児2人を1ヶ月置き去り。生き延びた長男は生ゴミや生の米、冷蔵庫内のケチャップやマヨネーズを食べて命をつないでいた・・・・。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070406-00000315-yom-soci

母親に置き去りにされ、必死に食べ物を探して・・・・・(絶句)


悲しすぎます。


この2つのニュースが同じ日に配信されているのが虚しいですね。


自閉症の子供を必死に育てている親もいれば、子供を置き去りにして遊んでいる親。


ためいき ばかり。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。