上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長崎県佐世保市で起きた高校1年生女子による同級生殺害事件。
16歳の少女が起こした事件としては、あまりに衝撃的だった。

一個人のブログで語るべき事件でないのは重々承知しているが、おそらく発達障害をもつ加害少女が今後どのように扱われていくのか気になって仕方ない。


高校1年生の少女が同級生の女の子を殺害・解体するという凄惨な事件が起きて二週間が経ち、女子生徒の精神鑑定のための鑑定留置が行われることが決まった。


少女を知る人の話では、少女には幼少期から感情の起伏の激しさや異常な行動が見られたという。

亡くなった症状の母親は生前「親でも想像できないいたずらをし、その度が最近、超えていて困っている。人にいたずらを見せて喜ぶようなところがある。私の前ではおとなしくしていたが、お友達にひどいことをしても、『それみたことか』と逆なでするようなことを平気で言う。うちの子は人の気持ちがまったく理解できないみたい」
と話していたという。


少女は幼少期から他者への共感性を著しく欠いていた。「友達もほとんどいなかった」との証言もあることから少女は幼少期から他者とのコミュニケーションに難を抱えていた。情緒面に発達障害を抱えていることは明らかだったと思う。

だが、母親は少女の知能の高さゆえか、体面を気にするあまりか、どこか「他の子と違う」と心に引っかかっていながらも、専門機関に相談することもなく「普通の子」として育ててきたのだろう。

実際、アスペルガー症候群・高機能自閉症など知能に遅れのない発達障害の場合、それと気づかず”普通に”育ててしまう親は多いという。

大抵は親の親類、兄弟・姉妹や友人からの助言によって専門機関に相談したり、児童精神化医の診察を経て療育にいたる。
療育によって他者とのかかわり方や感情表現などを学んでいく。障害が完治するわけではないが一定のソーシャルスキルを身につけることは可能だ。

加害少女の父親は、「地元で知らぬ人はいない」と言うほどの有名人だった。都内の有名私大卒を卒業後、佐世保市で弁護士をしている。スピードスケートの選手としても活躍し、国体にも毎年のように出場していた。女子生徒も同じ競技に親しみ、女子生徒と同じ高校から父親と同じ私大に進んだ兄も選手として活動、母親はこの競技の連盟会長を務めていた。

「地元の名士」「地元の有力者」といった家庭環境が、他者からの助言を受けられない状況をつくっていたのだとしたら親の因果が子に災いしたと言わざるを得ない。

子供の親にとって我が子を「障害者と認めること」は辛い作業である。医師から宣告されても受け入れられない親は多い。地域社会で君臨していた少女の両親にとって、少女を障害者として認めることは、ありえないことだったかもしれない。

少女は「感情の起伏が激しい」「男子にも殴りかかる」「頭が良すぎて特殊な子」と見られていた。
小学校の頃から小動物への虐待も目撃されていた。
憶測だが母親自身も少女から暴力を振るわれたこともあったはず。少女の両親が子供の異常を受け入れ、勇気をもって少女を早期から専門機関にゆだね、それ相応の療育を受けさせていたなら、結果は違っていただろう。


少女は小学校での事件以来、スクールカウンセラーや教師たちによって見守りが続けられていた。
この事実からも「普通の子ではない」というのは明らかだったのだ。

父親は金属バットで殴られ医者に見せるまで、小動物を解体していることも知らなかったという。
小学校のときから異常な行動を見せていたにもかかわらず、「子供に無関心で放置していた」とのそしりは免れない面はあると思う。

少女が「文武両道で多才だった」のは母親の指示・影響によるものだと思われる。
母親の死後、少女の様子が激変したというのは、何をして良いのか悪いのか分からなくなったのではないか。

ある意味母親の死によって少女は抑圧から解放されたのだ。
開放された少女の行動は一気に内に溜め込んだ猟奇的興味に向かった。
もちろん少女に”猟奇的”という感覚はないだろうが。

少女は母親の死によって「したいことが出来るようになった」のではなかろうか。

少女が父親を金属バットで殴り殺そうとしたのは、恐らく過去の父親の言動に対する怒りが、”フラッシュバック”して行動に及んだのだと思う。類似の障害を持つ者に特有の行動である。
周りから見れば「なんでその程度のことで」というほどの些細なことが理由だろう。

少女は自分のかねてより興味を抱いていた「人を殺してみたい」衝動に走った。
少女の興味(嗜好と言っても良い)は人体解剖だったのだ。
ただ、それだけのこと。

仮に今回の事件が回避できたとしても、いずれ少女は殺人に及んだだろう。

そのときの被害者は父親あるいは継母、あるいは兄だったかもしれない。
スポンサーサイト
旅立ち 2014.04.07
いよいよこの日が来てしまった。

YOOの旅立ちの日。

進学を決めた支援学校(高等部)は、自宅から遠く離れた地にあり、とても自宅から通える範囲ではない。
そのため、学校の近くの児童施設に入所することにしたのだった。

今日はその入園日。

2日前、些細なことで母親に怒られ、かんしゃくを起こした。
食器棚のガラスを叩き、割れたガラスで両腕に少し怪我をした。

入園する日が迫り不安を感じていたのか、久しぶりに大声で暴言を吐き、騒いでいた。
騒いだ後は自室にこもり、クールダウンして何事もなかったようなそぶり。
その間、父は飛び散ったガラス片をひたすら拾い集めた。


昨日は、前日とはうって変わって、まるで遠足の前日であるかのようにウキウキした様子で、機嫌もよく夜も遅くまで起きていて、眠ったのは日付が変わってからだった。


そして今日のこの日を迎えた。

YOOは一番早く起きて身支度を整え、一人で朝食のパンを食べた後、父を起こしにきた。
不安な様子はまったく見せず、不思議なほど落ち着き払っていた。

10時、数日前から準備していた大きな荷物を車に積み、親子4人で出発。

途中、昼食に「唐揚げが食べたい」というので、YOOの好きな唐揚げ弁当を買ってやった。
父と母はあまり食欲もなくYOOに付き合って食べていた感じだった。

13時を過ぎた頃、これからYOOが3年間暮らす児童施設に着いた。

その園には何度か見学にも来ていて、2時間の一時預かりを2回行い、園で過ごす練習をしていた。
玄関を入り入所の挨拶をした後、担当の女性職員に部屋へと案内された。

がらんとした六畳の和室。4人部屋だった。
名前の書いた洋服ダンスに着替えを入れながら職員と話をする。
ピカピカの制服は家から持ってきたハンガーに掛けた。退屈しないようにと持ってきたゲーム機は「貴重品」ということで事務所であずかるということだった。

若い女性の職員は、とても丁寧に対応してくれて、こちらの言う「鼻炎が心配だ」「乾燥肌だから・・」「ガラスで怪我をして云々」というようなメンドクサイ話にも付き合ってくれた。

そして、とりあえず園での生活がスタート。

保護者会があったので父母はそちらへ出席。
保護者会が終わり最後の挨拶を交わしに部屋へ行くと、YOOはリラックスした様子で部屋から出てきた。

「みんなと仲良くするんだよ」と言葉を掛け、お互いにウルッとしそうだったので、「入学式の日にまた来るからね」とだけ言い残し、園を後にした。

途中の車の中、いつも助手席でうるさくしゃべっているヤツがいないせいで、カーオーディオから流れる音楽がやたらと鮮明に聞こえて不思議な感じだった。

帰宅後、いつも一番風呂に入っていたYOOのかわりに、久しぶりの一番風呂にはいる。
不思議なほどたっぷりお湯が入った一番風呂はピリピリして、いつもと違うことを肌で感じた。

風呂に浸かり遠い過去の記憶を振り返る。
生まれてからずっと父と入っていたお風呂。一人で入るようになったのは何時だったか・・・

自閉症児がいなくなり、我が家は静寂に包まれた。
ある意味それは、自閉症児の子育ての中で心底切望した静寂であったはず。

しかし、ずっと憧れてきた普通の静寂は、なにか居心地が悪い静けさ
まるで主のいない家の寂しさ。

YOOの部屋の壁には、昨晩破り捨てたままの日めくりカレンダー。
今日のこの日を記したまま、静かに主の帰宅を待つ。
いよいよ義務教育を終える卒業式。
肝心のYOOといえば、昨日の朝から頭痛を訴え、夕方にはもどしたりして体調を心配したが、卒業式の朝は機嫌もよく元気に登校して行った。

卒業式が始まり、たくさんの後姿の中からYOOの姿を探す。健常児に混じり静かに座っている姿を見るにつけ、成長の足跡を感じずにはいられない。

父として、入学式や卒業式などの節目節目で思うことは「よく、ここまで育ててきたな」という感傷にも似た自画自賛だ。
小学校の入学式は「じっとしてられない」「式のあいだ、座っていられるわけがない」とオロオロしながら見ていた。
それが、中学の卒業式を迎えるにあたっては、父の中にそういった不安は皆無だった。今では、「調子悪くなっても自分で先生に申告してクールダウンするだろう」との確信があるからだ。

もっとも、いつもそうした行動ができるわけではないが、朝の様子を見るかぎり確信を持つには十分だった。

卒業式を見ながら、「よく、ここまで育ててきたな」「15年も育てきったぜ~」という感情が湧いてきた。
幾多の苦難を越え、中学の卒業式までこぎつけたことは、我が家族にとって誇らしい事実である。

この先も、まだまだ長く、苦難に満ちたものになることは間違いないが、また次の節目でYOOの成長を見ることができることを心から願う。
jiheioyaji

昨日「血のウンコが出た!」と学校を早退してきたお兄ちゃん。さすがにショックだったらしくコタツにうずくまっていた。いつもこれくらい元気がなければいいのに・・とつい思ってしまった。
02-05 23:58

jiheioyaji

自閉症スペクトラム障害に対して、脳内分泌物質「オキシトシン」を鼻からスプレーすることで、苦手とする対人コミュニケーション障害が改善することを東京大学大学院の研究チームが実証したそうです。→ http://t.co/9ymjKbHcKp
02-02 22:07

STAP細胞とやらを発見した女性化学者が話題になってますが、他にも色々な分野で細胞の研究がされているんですね。こちらはダウン症の神経細胞形成に関わる遺伝子の発見だそうです。→ http://t.co/PvKARv6lb8
02-02 22:01

インフルエンザが流行っています。息子の通う小学校でも次々と学級閉鎖になってます。こわいですね。
02-02 01:10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。